アンチエイジング化粧品 成分 エラスチン

MENU

肌の弾力アップにエラスチン

 

肌のハリや弾力というと、コラーゲンを第一にイメージしてしまいますよね。
ですが、肌の構造は想像以上に複雑で、コラーゲンだけで支えられているというわけではありません。
実は大切な役割を果たしている成分の1つが、エラスチンです。

 

エラスチンの役割

エラスチンは、肌の内部で網目状のネットワークを形成しています。
そうして、コラーゲン繊維を繋ぎ止め、支えるという役割を果たしているのです。
つまり、コラーゲンばかりを必死で補っても、エラスチンが不足していると肌の弾力は蘇らないということですね。

 

また、エラスチンには伸縮性があり、ゴムのような感触となっているため、肌を柔らかくしてくれます。
弾むような弾力のある肌を目指したいのなら、エラスチンは必要不可欠な成分なのです。

 

化粧品でしっかり補給!

エラスチンは、元々肌にある成分ですが、20代後半から徐々に減少していくことが分かっています。
特に年齢肌悩みが急激に出始める40代ごろには、一気に減少してしまいます。
結果として肌の弾力が低下し、シワ、たるみなどを起こしてしまうのです。

 

肌の弾力が低下してしまうと、表情ジワの原因にもなります。
弾力が無い肌は、型がつきやすくなり、表情によってついたシワが消えにくくなるのです。

 

そんなエラスチンは、食べ物からの摂取によって維持することも可能です。
また、サプリやドリンクで補給することもできます。

 

ですが、肌に直接働きかけるのなら、化粧品からも補給していくことが有効ですね!
コラーゲンと同じくらい重要なエラスチンを配合した化粧品を用いて、肌の弾力をキープしましょう!

関連ページ

セラミドでしっかり保湿!
アンチエイジング化粧品の中に含まれる成分で、よく見かけるのがセラミドです。セラミドは、元々肌に存在する成分なのですが、年齢と共に減少していってしまいます。そこで、不足するセラミドを肌に補うことが必要となるのです。
コラーゲンでハリアップ!
アンチエイジング化粧品でよく見かける成分といえば、やっぱりコラーゲンですよね。 あまり美容に詳しくないという方でも、コラーゲンを知らないという人はいないでしょう。そんなコラーゲンも、年齢と共に減少します。化粧品からしっかり補給していきましょう!
ヒアルロン酸で保水力を高める!
化粧品でコラーゲンと並んでよく見かける成分といえば、ヒアルロン酸ですよね。このヒアルロン酸は、アンチエイジング化粧品に限らず、様々な目的の化粧品に使用されています。