アンチエイジング化粧品 成分 ヒアルロン酸

MENU

ヒアルロン酸で保水力を高める!

化粧品でコラーゲンと並んでよく見かける成分といえば、ヒアルロン酸ですよね。
このヒアルロン酸は、アンチエイジング化粧品に限らず、様々な目的の化粧品に使用されています。

 

ヒアルロン酸の役割

ヒアルロン酸は、真皮に多く含まれています。
このヒアルロン酸は、特に細胞と細胞の間に多く、クッションの役割を果たします。
そのため、しっかりと満たされていれば肌が傷つきにくくなり、健やかに保ちやすいということですね。

 

それから、ヒアルロン酸のもう1つの大きな役割が、保水効果です。
せっかく潤いを補給しても、すぐに蒸発してしまっては意味がありません。
ヒアルロン酸が満たされていると、肌の潤いをしっかり維持してくれるので、ふっくらとみずみずしい肌になります。

 

ヒアルロン酸の種類

ヒアルロン酸には、実は4つの種類があります。

 

高分子ヒアルロン酸

保水力が非常に高くなっています。
サプリなどで摂取すると良いですね。

 

低分子ヒアルロン酸

高分子のヒアルロン酸を低分子化したものです。
こちらは吸収力や浸透力が高いため、化粧品などによく用いられています。

 

バイオヒアルロン酸

乳酸菌、単細胞生物、ストレプドコッカスなどから、バイオ技術によって作られたものです。
比較的、低コストで大量に生産できるため、化粧品によく用いられています。
ただし、安全性の面では天然の方が安心です。

 

天然のヒアルロン酸

鶏のとさかなどに存在しているヒアルロン酸です。
ですが、分子が非常に大きいので浸透力が悪く、化粧品などには配合しにくくなっています。

 

化粧品からヒアルロン酸を取り入れていくなら、低分子ヒアルロン酸を配合した物をチョイスすると、安心なうえに高い効果が期待できると言えますね!

関連ページ

セラミドでしっかり保湿!
アンチエイジング化粧品の中に含まれる成分で、よく見かけるのがセラミドです。セラミドは、元々肌に存在する成分なのですが、年齢と共に減少していってしまいます。そこで、不足するセラミドを肌に補うことが必要となるのです。
コラーゲンでハリアップ!
アンチエイジング化粧品でよく見かける成分といえば、やっぱりコラーゲンですよね。 あまり美容に詳しくないという方でも、コラーゲンを知らないという人はいないでしょう。そんなコラーゲンも、年齢と共に減少します。化粧品からしっかり補給していきましょう!
肌の弾力アップにエラスチン
肌のハリや弾力というと、コラーゲンを第一にイメージしてしまいますよね。ですが、肌の構造は想像以上に複雑で、コラーゲンだけで支えられているというわけではありません。 実は大切な役割を果たしている成分の1つが、エラスチンです。