アンチエイジング化粧品 成分 コラーゲン

MENU

コラーゲンでハリアップ!

 

アンチエイジング化粧品でよく見かける成分といえば、やっぱりコラーゲンですよね。
あまり美容に詳しくないという方でも、コラーゲンを知らないという人はいないでしょう。
そんなコラーゲンも、年齢と共に減少します。
化粧品からしっかり補給していきましょう!

 

コラーゲンの役割

コラーゲンは、肌の内部で「支える」「結びつける」「境目を作る」といった働きをしています。
これらの働きにより、身体の様々な部分でバランスを取っているのです。
また、細胞が増えるための足場としての役割もあります。
美肌を維持するためには、新しい細胞が分裂していくことも大切ですね。

 

それから肌に関する直接的な働きというと、肌を支えてハリや弾力をもたらすということですね。
年齢と共にコラーゲンが減少すると、肌を支えられなくなり、たるみやハリの低下を招いてしまいます。

 

また、コラーゲンには様々な肌トラブルの元凶となる乾燥を防ぐ効果もあります。
肌に塗布することで、外的刺激から肌を守り、しっとり潤いをもたらしてくれるのです。

 

コラーゲンは分子が大きい!

アンチエイジングのために嬉しい効果が期待できるコラーゲン。
ですが、こちらには大きな欠点があります。
それが、分子の大きさです。

 

通常、コラーゲンを肌に直接塗布しても、肌の表面がベタベタするだけで、ほぼ浸透しません。
そのため、しっかり肌内部に効果を発揮するためには、「ナノ化技術」などで分子を小さくしているアイテムを選ぶ必要があります。

 

アンチエイジング化粧品に関する技術は日々進化しており、独自の技術でコラーゲンを浸透しやすい形にした化粧品は多数あります。
そういった優秀なアイテムを選んで、肌の内部から働きかけていきましょう。

関連ページ

セラミドでしっかり保湿!
アンチエイジング化粧品の中に含まれる成分で、よく見かけるのがセラミドです。セラミドは、元々肌に存在する成分なのですが、年齢と共に減少していってしまいます。そこで、不足するセラミドを肌に補うことが必要となるのです。
ヒアルロン酸で保水力を高める!
化粧品でコラーゲンと並んでよく見かける成分といえば、ヒアルロン酸ですよね。このヒアルロン酸は、アンチエイジング化粧品に限らず、様々な目的の化粧品に使用されています。
肌の弾力アップにエラスチン
肌のハリや弾力というと、コラーゲンを第一にイメージしてしまいますよね。ですが、肌の構造は想像以上に複雑で、コラーゲンだけで支えられているというわけではありません。 実は大切な役割を果たしている成分の1つが、エラスチンです。