アンチエイジング化粧品 成分 セラミド

MENU

セラミドでしっかり保湿!

 

アンチエイジング化粧品の中に含まれる成分で、よく見かけるのがセラミドです。
セラミドは、元々肌に存在する成分なのですが、年齢と共に減少していってしまいます。
そこで、不足するセラミドを肌に補うことが必要となるのです。

 

セラミドの役割

セラミドが肌の内部で果たしている役割は、主に「保湿効果」です。
年齢と共に肌の潤いが不足し、乾燥肌になってしまうのは、このセラミドの減少が1つの原因です。

 

そこで、アンチエイジング化粧品によって、外部から適度にセラミドを補給してあげる必要があるのです。
ですが、ただ単に「セラミド」を配合した化粧品を選べば何でも良いというわけではありません。
セラミドの種類にもこだわり、しっかり効果を実感できるものをセレクトしましょう。

 

セラミドの種類

化粧品に配合されるセラミドには、主に4つの種類があります。

  • 天然セラミド
  • 植物性セラミド
  • バイオセラミド
  • 合成セラミド

これらの4種類の中で、特に注目したいのがバイオセラミドです。
バイオセラミドの中には、ヒト型セラミドというものがあり、これは人が本来持つセラミドとよく似た構造をしています。
そのため浸透力が高いのが特徴です。

 

これに対して合成セラミドは価格は安いですが、疑似セラミドとも呼ばれ、化学的に合成されたものとなっています。

 

また、高級な化粧品の中には、浸透力に優れ、美肌効果も高い天然セラミドが配合されているものもあります。
こちらは馬由来のセラミドなどが多く、浸透力が非常に高く、使用し続ければ肌内部のセラミドを増やす働きもあると言われています。

 

コスト面を考えながら、自分の肌に適したセラミドを配合したアイテムを選びましょう!

関連ページ

コラーゲンでハリアップ!
アンチエイジング化粧品でよく見かける成分といえば、やっぱりコラーゲンですよね。 あまり美容に詳しくないという方でも、コラーゲンを知らないという人はいないでしょう。そんなコラーゲンも、年齢と共に減少します。化粧品からしっかり補給していきましょう!
ヒアルロン酸で保水力を高める!
化粧品でコラーゲンと並んでよく見かける成分といえば、ヒアルロン酸ですよね。このヒアルロン酸は、アンチエイジング化粧品に限らず、様々な目的の化粧品に使用されています。
肌の弾力アップにエラスチン
肌のハリや弾力というと、コラーゲンを第一にイメージしてしまいますよね。ですが、肌の構造は想像以上に複雑で、コラーゲンだけで支えられているというわけではありません。 実は大切な役割を果たしている成分の1つが、エラスチンです。